CSRコンプライアンス

富士通ゼネラルグループの行動規範

富士通ゼネラルグループのコンプライアンスの基本として遵守すべき事項を定めた「FUJITSU GENERAL Way 行動規範」を社内イントラネットへ掲載し、役員、従業員へ周知徹底しています。

また、当社グループ全体のコンプライアンスおよびリスク・マネジメントを推進するため、社長を委員長とする「コンプライアンス/リスク・マネジメント委員会」を設置しています。委員会では、当社グループにおけるコンプライアンスを中心とした内部統制項目の自己評価、内部統制部門による独立的評価の結果について審議を行い、必要な事象には改善を命じ、内部統制の維持・改善に取り組んでいます。

啓発活動

  • 従業員向けの啓発活動として、現場のリスク・マネジメントおよび内部統制運用の主体である部門責任者・リーダー層への研修により意識向上を図っています。必要に応じて各部門の業務に関連する法令(下請法・景品表示法など)についての説明会や、ハラスメント、情報漏洩未然防止等の研修を実施しています。
  • 社内担当部門、外部法律事務所を窓口とした「企業倫理ヘルプライン」を設定しています。また、従業員へコンプライアンスに関するメールマガジンを定期的に配信することで、意識啓発を図っています。