環境活動 トップメッセージ

企業理念

-共に未来を生きる-
Living together for our future

お客様と社会に寄り添い、新しい価値の提供により、
快適・安心・安全で持続可能な社会の実現に貢献します

当社グループでは、昨年末に「FUJITSU GENERAL Way 企業理念」を再設定いたしました。私たちが、VUCA と呼ばれる複雑で変化に富んだ予測困難な時代を生き抜くためには、当社グループが目指すべき姿と、お客様と社会のために果たすべき使命、存在価値、それを実現するために大切にする考え方を明らかにした上で、それを全社員の羅針盤として力を集結し、現代という荒海に挑戦する必要性があったからです。

国際社会では、「SDGs(持続可能な開発目標)」や、地球温暖化の枠組み「パリ協定」の実務指針の採択により、世界が直面する課題に対し、企業のイノベーション発揮が求められています。私たち富士通ゼネラルグループは再設定された企業理念のもと、快適・安心・安全で持続可能な社会の実現に貢献する企業グループを目指していきます。

当社は創業以来メーカーとして、これまで常に技術の進歩・革新と共に成長し、数多くの世界初・業界初の技術を実用化し、多くの先進的な製品を生み出してきました。現在では、私たちの事業は空調機、情報通信・電子デバイスに集約し大きな発展を遂げていますが、これからも短期的な成果物の追求のみに陥ることなく、10 年後、20 年後を見据え、未来の子供たちが明るく希望を持って暮らせる社会の実現に向け、新たな価値の創造に取り組んで参ります。

当社グループは、2030 年までの温室効果ガス削減目標として2016 年に「中期環境計画」を策定すると同時に、その達成に向けた取り組みとして「環境行動計画」を策定し活動を進めています。目標達成に向けた活動を着実に実行し、環境負荷低減と企業価値のさらなる向上を目指します。

今後もお客様と社会に寄り添い、世界中の人々とかけがえのない社員と共に未来を生きて参ります。

株式会社富士通ゼネラル

代表取締役社長