環境活動:方針・環境行動計画 マテリアリティの特定

マテリアリティ分析

富士通ゼネラルグループは、環境活動を始めとするESGの活動を推進するにあたり、「ステークホルダーの関心・影響」と、「当社にとっての重要性」を分析、マテリアリティ(重要課題)を特定し、事業活動を推進しています。

マテリアリティ特定プロセス

Step 1

GRIスタンダード、SDGs等からステークホルダー視点の課題を抽出

Step 2

企業理念、経営方針等を踏まえて当社グループの重要課題を抽出

Step 3

ステークホルダーの関心・影響と当社にとっての重要性を整理し、マテリアリティを特定

マテリアリティ分析結果

マテリアリティ分析にて優先度の高い課題は重点取り組みテーマとし、活動を推進しています。

環境活動に関する重点取り組みテーマ