CSR人権方針

富士通ゼネラルグループ共通の価値観を示すFUJITSU GENERAL Wayでは、行動規範の一番目に「人権を尊重します」と掲げています。これは、「あらゆる企業活動の中で、『人権尊重(人種、宗教、障がい、ハラスメント等)』の精神を根底に据えて活動する」という企業の姿勢を明示したものです。当社グループの全従業員が、この精神を実際の行動で示していくことを、徹底するよう努めています。

私たちは、人権問題を正しく理解・認識し、人権尊重の精神と人権感覚を養うとともに、差別など人権侵害行為を許さない、という行動をすることが大切と考えています。従業員一人ひとりが人権に配慮し行動することは、当社グループの基本理念です。

また当社グループは、国連の「国際人権章典」「ビジネスと人権に関する指導原則」、「労働における基本的原則および権利に関するILO(国際労働機関)宣言」など人権に関する国際規範を支持・尊重し、今後も、人権重視の経営を推進します。

人権方針の適用範囲

本方針は、富士通ゼネラルグループのすべての役員と従業員に適用します。加えて当社グループの製品・サービスに関係するすべてのビジネスパートナーに対しても、人権を尊重し、侵害しないよう働きかけます。

人権方針で表明するコミットメント

  • 国連の「国際人権章典」「ビジネスと人権に関する指導原則」、「労働における基本的原則および権利に関するILO(国際労働機関)宣言」など、人権に関する国際規範を支持・尊重します。
  • 人権デューデリジェンスの仕組みを構築し、人権に対する負の影響を特定し、その防止、または軽減を図るよう努めます。
  • 人権に対する負の影響を引き起こした、あるいはこれに関与したことが明らかになった場合、適切な手続きを通じてその救済に取り組みます。
  • 本方針が事業活動全体で実施されるよう、役員、従業員への教育・研修を行います。
  • 人権に対する潜在的、および実際の影響に関する対応について、関連する外部ステークホルダーとの対話と協議を行います。
  • 人権尊重の取り組みについて、ウェブサイトなどで開示します。

制定:2019年10月4日

株式会社富士通ゼネラル

代表取締役社長

斎藤 悦郎