CSRCSR調達方針

富士通ゼネラルグループは、「お取引先様との共存共栄」「お取引先様の公平かつ公正な評価・選定」「CSRに配慮した調達活動の推進」をCSR調達方針として掲げ、グローバルな調達活動を展開しています。

1. お取引先様との共存共栄

事業活動を行うために必要な物品、ソフトウェア、サービス等(調達品)をお取引先様から調達し、付加価値を加え、製品・サービスとして社会に提供しています。

当社グループとお取引先様は、長期的な信頼関係を構築することで、お互いが自己の力をより一層発揮し、共に繁栄・存続してゆく共存共栄の関係を目指すものとします。

2. お取引先様の公平かつ公正な評価・選定

お取引先様の選定は、(1)企業としての信頼性、(2)技術力、(3)調達品の品質・価格・納期等、(4)企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)への取組状況などの観点から、総合的な評価を行うものとします。

また、お取引先様の選定に当たっては、上記の総合的な評価において国内・国外、経営規模の大小を問わないものとし、いかなる新規参入社に対しても、常に公平かつ公正な参入機会を与え、真摯に対応するよう努めるものとします。

3. CSRに配慮した調達活動の推進

グローバルなCSRの規範を尊重し、お取引先様とともに、人権尊重、安全衛生、地球環境保全、法令遵守、公正取引、企業倫理等、CSRに配慮した調達活動を推進します。